早漏の人が女性を連続してオーガズムへ導くには

セックスにおいて、オーガズムはとても大切で、それによって
愛の深まりは変わってきます。
「オーガズム」とは女性がセックス又はオナニーなどで
快感を得て絶頂に達することを指します。
男性でいえば射精をして絶頂に達することにあたります。
連続して絶頂状態へ導ける人はセックスが上手です。
ところが、女性の場合、男性の射精に比べるとなかなか
オーガズムに達しません。ですから、特に早漏の男性にとっては、
パートナーの女性にそれを体験させるのは至難の業
であります。早漏の男性をパートナーにもつ女性の大半が性的欲求不満に
なっています。
そこで中には絶頂に達したふりをするといった演技をする
女性が多くいるほどです。ところがそうすることで男性は
満足してしまい、それ以降セックスの内容に進展が
なくなってしまいます。だから絶頂に達したふりをする
のは避けたほうがよいかもしれません。
男性は、女性がオーガズムに達したときに
どんな変化があるのかをよく勉強しておくと演技かどうか
を見分けることができます。一つの目安として、
足に強い力が入る、しがみつく、連続して痙攣をするなどの変化が
あります。
早漏の対策としては、女性の膣に挿入してピストン運動を
し、もうすぐ出そうと思ったらペニスを抜いてパートナーに
ペニスを強く握ってもらいます。落ち着いたら
また挿入して繰り返し連続して何回もやります。そうすると
ペニスが刺激に強くなり、射精までの時間が長くなります。

また、脳の中に存在する神経伝達物質にノルアドレナリン
というのがありますが、このノルアドレナリンが活躍しすぎると
早漏気味になってしまいます。これを抑制するのがセロトニンです。
セロトニンは、よく噛むことで分泌されますので、食事の際には
よく噛むことをお勧めします。
早漏を改善して経験をつめば、女性を連続して絶頂へ導くことも
夢ではないでしょう。